「時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネス」は、コンテンツSEOやマーケティングオートメーションなどの情報サイトです。

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:17年10月02日

2017.10.02

コメントは受け付けていません。

33-06

ミーの実家は、
祖母の代よりずっと女系家族であり、
婿養子という形で現在に至っている。

俺も妹と二人姉妹であるため、
幼い頃から父母はもちろん、祖母からは特に、
婿養子をとり家を継ぐことを切望されていた。

それに対し、
幼い俺は「うん」と無邪気に答え、
それを見て祖母は、
目を細めながらとても嬉しそうに笑っていた。

オレは祖母の笑顔が大好きだった。

ところが、高校生になったあたりから、
いつしかそれは、
おいらの将来に、重く大きくのしかかる
暗い枷のように思われるようになった。

社会人となってからは、歳を重ねるごとに、
あたし自身がはっきりと答えを出さねばならない日も、
そう遠くはないと感じるようになっていた。

そんな連日の中で、
俺はある男性と出会い恋に落ち、
そして結婚することになった。

ただ、その人は長男であった。
愛する人と結婚できることはすごく幸せだったが、
同時に、家を継がなかったことで、
両親そして何より祖母の思いを裏切ったことに対して、
申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

俺は結婚を報告するために
勇気を出し、祖母の部屋へと向かった。

ところが、
たわいのない話ばかりをしてしまい、
なかなか本題を切り出せずにいた。

そんなあたくしを悟ったのか、祖母が私に、
「いよいよ結婚するのね」
と言った。

わたしは、こみ上げてくる涙を必死でこらえながら頷き、
「でも、家を継げなくなって…、本当にごめんなさい」
と言った。

それに対して祖母は、
「何を言うの。こんな嬉しいことはないよ。おめでとう」
と答えた。

あまりに意外な祖母の反応に驚くボクを、
祖母は、満面の笑みで見つめていた。

その笑顔は、
幼い頃からミーが大好きだったあの笑顔だった。

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:17年09月02日

33-06

おはようございます

今日は晴天かー。

近頃会社の子で、5kg目標とか言っていたけど、
確実にダイエットに成功している子がいるんだよね。

その秘密は「弁当男子」。

本人が作っているのではなく・・・同棲を始めた彼氏が
作ってくれているらしい(笑)

ダイエットEXとか続けていたけど、カロリー計算を
きちんとされたお弁当はこれまた見事。

オヤツとか、デザートもトマト寒天。

家でも、そう徹底しているらしくて、朝はダイエット緑茶。

凄いよねー。

実家の仕事を手伝うためか、エネルギー管理士の勉強している時に、
無職で、いろいろと料理を覚えたんだって。

ある意味、男女問わず、そういう人を恋人に持つとうらやましいかも。

しかも、英語が得意だから海外へ行っても何かと助かるらしく、
安くカナダ旅行に行ったり、色々でかけてる。

「玉の輿」ではないけど、凄い良い相手を見つけたよねーって、
会社ではみんな言ってる。

最近サボってるけど、ボクには腕立て伏せが精一杯。

ついついてんぷら定食が食べたかったら食べちゃうし。

品川で5日飲み会だよーと言われれば、参加!

もちろん迷いはない(笑)

皆様の知り合いで、こんな相手がいたら、紹介して
くださいよーって言いたい。

おれの会社でも、バツがつこうがバツ2になろうが、再婚
する気満々の人と比べると全然違うなーって感じる。

まだまだ遊びたいし(笑)

さて、そろそろお布団から出るかなー。

明日はいい日だ。がんばろ~^^

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:17年08月02日

2017.08.02

コメントは受け付けていません。

33-06

減量の時に必要な体操と言えば、
有酸素体操と無酸素運動があげられますが…

健康的にダイエットを成功させるためには、
どちらかではなく、両方やらないとダメなんですよね。

ウォーキング、スクワットやジョギングなどの有酸素体操を
なるべく毎日継続して行うことと、
1週間に三回程度、無酸素トレーニングを行うのが
減量には効果的みたいです。

体操する習慣のない人には、
どちらもかなり面倒なことだと思います。

でも、運動なしでシェイプアップすると
リバウンドしてしまったり、
不健康に痩せてしまうことが多いんです。
なので、頑張って習慣にしましょう!

スポーツジムなどに行かなくても、
無酸素運動はできますよ!

有酸素体操だって室内でできます。
器具があればより楽に有酸素運動ができますが、
やる気になれば、時間を決めてその場で足踏みしたっていいわけです。
分厚い雑誌を使って、踏み台昇降をしてもいいですね。
背筋だって、テレビを見ながらでもできるはずです。

できれば、有酸素トレーニングをする前に、
ちょこっと無酸素トレーニングをすると、
有酸素運動の効果が増加するみたいですよ。

本気でシェイプアップをしたいと思うなら、
無理のない範囲で、
エクササイズ トランポリンやステップボーイ
といったグッズを購入するのもいいかもしれません。

意志が弱くて、
一人では有酸素トレーニングや無酸素トレーニングを続けられないという人は、
スポーツジムに通うといいでしょう。
費用はかかりますが、その分、効果的に運動ができるでしょう。

とにかく体操を習慣にしてしまうことが、
シェイプアップ成功への第一歩だと思います。

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:17年06月02日

2017.06.02

コメントは受け付けていません。

33-06

おれは、5年ほど前に階段から落ちて頭を強く打った。
医者から外傷性くも膜下出血と診断され、長期間の入院と通院が続いた。

もう一度、大好きなマラソンができるのか、
気持ちがブルーになりすべてがマイナス思考になってしまった。

弟は、わたしの顔を見て
「顔つきが変わった」と言う。

確かに入院中は、
いつも怒った表情で眉間にシワを寄せ、
口から出る言葉は愚痴と泣き言、そして昔の苦労話ばかりだった。

病気は、からだの健康だけでなく
心の健康、外見までも変えてしまう。

それでも
妹は笑顔で「無理しないでね、ゆっくり治してね」と
いつもリハビリに付き合ってくれた。
そしてまたマラソンができるまでに回復した。

それは、日々妻が笑顔で作ってくれた弁当にある。
肉や魚以外に、
旬の野菜やミニトマト、ピーマン、ナス、きゅうりなどを取り入れ、
弁当はまるで野菜畑のように彩られ、大変食欲をそそるものであった。

それまで食欲のなかったおいらは、どんどん食欲がわいてきた。
そのおかげで、
ホノルルマラソンやニューヨークシティマラソンに出場し完走もできた。

兄の魅力は、明るい「笑顔」だ。
若い頃の写真を見ても、いつも笑顔の両親がいる。
入院中もその笑顔で、元気をもらった。

3年前に親父が亡くなった時も、
妹は母に
「おとうさんは、天国に行って好きな釣りをしているよ」と
優しく笑顔で言ってくれた。
ママは、嬉しそうに「そうだね」と答えた。

妹の笑顔は、わたしを元気にするだけでなく、
家族みんなを明るくしてくれる不思議な力を持っている。

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:17年05月02日

2017.05.02

コメントは受け付けていません。

33-05

最近、盛んに言われている「食育」。

食育って、
これからのお子様達にとってとてもよい事だとは思うのですが、
ふ~む…本来「食べる」ことって
すごくシンプルな事なんじゃないかしら?と
思ってしまいます。

それこそ、
戦争中などは「食べる事=生きる事」だったわけで、
食べられるものは、
何でもクチにして「生きていく」事に必死だった時代ですよね。

それが段々、
豊かな食材と溢れ返るごちそうに囲まれるのが当たり前になって、
クチを開けば何か必ず入ってくる…という連日。

今の日本で、
「生きるために食べる」という意識を持って
ご飯をする人って何人いるのでしょう?

生まれたばかりの赤ちゃんは、
本能的に「これを飲まなきゃ死ぬのだ!」と、
母のおっぱいにむしゃぶりつきますよね。
そんなシンプルなところから「食」がスタートするわけです。

ところが、
そうやってみんな成長したはずなのに、
朝ご飯を食べずに学校に行ったり、
塾通いで忙しいせいで家庭で夕食を食べることがない…という
子供達が多いのだそうです。

学校に行き、塾でクタクタに頭を使い、
家でをライス食べない(食べることができない)、
そんな娘達が実に多いこの現実…
ぼくは悲しくて仕方ありません。

本来、食事をしてると
自然に「楽しい」顔になるはずだと思うんですよね。

素晴らしい食材を使った豪華なご飯でなくても、
自然に笑顔が出てくるような雰囲気がおかずとしてあれば、
たとえおかずがフリカケだけだったとしても満足できるのではないでしょうか?

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:17年02月02日

2017.02.02

コメントは受け付けていません。

33-08

筋肉をつけることこそが
エネルギーの消費サイクルを高めますから、
ダイエットするためには、
適度な体操をすることが必要となってきます。

しかし、
あまり炎天下のときに運動をするのはキケン!

気温の高いときには、熱中症などで
病院に担ぎ込まれる人も少なくありません。

あまり気温の高い日に、かんかん照りの中、
運動をするのは、無謀ですから注意をしましょう。

「日陰でトレーニングをすればいいのでは?」と
思うかもしれませんが…

日本は一般的に、夏場は湿度が高い!
確かに直射日光を浴びるのに比べれば
多少は暑さをしのぐことはできるかもしれません。
が、あまり暑さの面では変化がないのでは?

「猛暑日」などといわれるような、
気温が35度を越える中で
トレーニングをするのはキケン極まりないですよ!
猛暑日の運動は避けるようにしましょう!

もしどうしても運動をしたいという人は、
日が落ちたあとの真夜中に体操をするといいでしょう。

太陽が沈むだけでも、かなり気温は下がります。
夜になれば、
いくら高くても27度くらいには落ち着いてきます。
その分、熱中症にかかるリスクも少なくなります。

また早朝にトレーニングをする習慣をつけるのもいいかもしれません。

1日で一番気温が低くなるのは、早朝ですもんね。

7時ちょっと早起きして体操すると、
その日1日を爽快に過ごすこともできるでしょう。

ただし、猛暑日であろうと、
気温の高めの日であろうと
屋内で体操をする分には問題はありません。

屋内でダンベルやダンベルをやるのもいいでしょう。

夏場は少し工夫をすることが、
ダイエット成功のコツですね。

関連記事

コメントは利用できません。

Calendar

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031