「時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネス」は、コンテンツSEOやマーケティングオートメーションなどの情報サイトです。

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:18年04月10日

2018.04.10

コメントは受け付けていません。

33-01

読者様は、
脳は、実際に体験したことと
頭の中でイメージした事の区別が付かない…って、
知ってました?

脳の中でイメージした事が、より具体的であればあるほど、
実際に体験したものとほとんど同じように「錯覚」するみたいなんです。

これを利用すれば、
あたかもシェイプアップに成功したかのように具体的なイメージを持てば、
脳も勘違いして、
シェイプアップに対して恐れを抱かなくなるはずです。

わたくしは、これが非常に重要だと思います。

つまり自分が
「シェイプアップに成功した姿」を強くイメージすれば
それが実際に起こったことであるかのように脳が錯覚し、
そこに向かって進むことを阻害しなくなります。

だからこそ
「シェイプアップに成功した姿」を思い浮かべて楽しい気分になることは
モチベーションの維持だけでなく、
体全体にとっても、
シェイプアップ成功に向けて進むために必要なことなのです。

自分も楽しい気持ちになることで
減量を行う事が楽しくなりますし、
ゲーム感覚で進めることがダイエット成功の秘訣だと思います。

こんなことを思い浮かべたらいいんじゃないでしょうか?
「シェイプアップに成功した自分ってどんな自分か?」
「減量に成功しスリムになったら誰がどんな事を言うか?」
「減量に成功したらどんなことをするか?」

これらを具体的にイメージして、
ワクワク楽しい気持ちを大事にしましょう。

「ダイエットを楽しむこと」
これが減量成功に最も重要な秘訣だと思うんですよ。
イメージの力って自分が思っているよりずっと大きいみたいですよ!

日々、楽しく頑張りましょう!

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:18年03月10日

2018.03.10

コメントは受け付けていません。

33-07

ダイエットの時に食事の回数を減らすといけない理由を
読者様は知っていますか?

それは、脂肪がからだに定着しやすくなるからなんですね。

お腹が空くのは当たり前のことですが、
イライラするほどウエストが空きすぎた状態というのは、
体に必要なエネルギーが足りておらず、危機感を感じている証拠。

この状態の時にライスを食べると、
身体は同じようなことになるのを避けるために、
できるだけ多くのエネルギーを蓄えようとします。
このエネルギーというのが脂肪です。
 
せっかくごはんの量や回数を減らして、
摂取カロリーを減らしているつもりなのに、
吸収される脂肪や栄養素が増えてしまうのは
あまり効率がよくないですよね。

これらのマイナス面をクリアするためには
「腹が空いた状態を作らない」ことが大事なんです!

そのためには、
「食事の回数を増やす」のが有効!

ここで大切なのは、
摂取カロリーは3食の時と同じくらいにすることです。
同じように4食食べれば、
単に摂取カロリーが増えただけとなってしまいます。
 
食べ物を消化するには
だいたい3時間~四時間かかるので、
その間隔で少量ずつ摂るとよいでしょう。

また、1回の食事量を減らさなければならないからといっても、
ごはんや麺類などの主食を減らすのはあまりよくありません。
これらを減らすとリバウンドの可能性が高くなるので注意しましょう。

3時間~4時間おきに
規則正しく食事を摂るのはなかなか難しいかもしれませんが、
その場合は、おやつを軽い食事に変えるなどして、
食事の回数が増えるよう工夫してみてください。
 
こうして、効率よく脂肪燃焼できるからだになって、
シェイプアップを成功させましょう!

関連記事

コメントは利用できません。

Calendar

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930