「時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネス」は、コンテンツSEOやマーケティングオートメーションなどの情報サイトです。

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:18年05月13日

2018.05.13

コメントは受け付けていません。

33-06

休みの日に早めに目が覚めてしまい、
今日は遅くてもいいということで、二度寝をする…
これって、ある意味至福の瞬間といえますよね?

しかし、二度寝というのは、
ダイエットにとっては逆効果になってしまう恐れがあるので、
要注意なんです!

ダイエットをする上で、
絶対に忘れてはならない基本があります。

それは、規則正しい生活を送ることです。

つまり
午前中きちんと起きて、8時食を食べる。
続いて、
12時になったらお昼食を食べ、
22時になったら夕方食を食べる。
そして
できるだけ夜更かしをしないということが
効率的に減量効果を引き出すことになるわけです。

二度寝というのは、
一旦起きようとしてやめることを意味します。
すると、肉体の中のリズムが微妙に狂ってしまうんですね!

ミーたちの肉体というのは、
午前中、太陽を浴びることによって活動的になります。

そして10時食をとることで、からだの中にエネルギーを入れ、
体温が上がり始めて、体を動かす土壌が整います。

ところが二度寝をすることで
からだの中のリズムが狂ってしまうと、
同じトレーニングをしていても、なかなか自分の力を
フルに生かすことができなくなってしまうんです。

代謝についても、同様のことが言えます。

不規則な生活をしていたり、
運動の中のタイミングが狂ってしまった状態だと、
基礎代謝の力も落ちてしまうといわれています。

ということは、
消費させるカロリーの量も少なくなり、
ダイエットのペースが遅れてしまうのです。

なので、
シェイプアップをしている間は、
規則正しい生活を送ることが、何よりも大切なのです!

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:18年03月13日

2018.03.13

コメントは受け付けていません。

33-08

最近、6時食を食べない家庭が増えていて…

食べても菓子パンや野菜ジュースなど、
手をかけずに「出すだけ」で済むものがほとんどだとか…

そして、
これらを家族ひとりひとりが自分の時間に合わせて
バラバラに食べているのが現状みたいです。

それぞれが自分の好きな時間に好きなものを食べて、
さっと出かける…
これはテレビドラマなんかの6時食シーンにも現れていますよね。

7時は、どの家庭も忙しいもの!
10時食に手間をかけている暇はないのは、皆同じです。

時間がないことよりもむしろ、
お母さん自身に朝食を食べる習慣がないことが
原因なのではないでしょうか?

「午前中シャン」という言葉が生まれたように、
1960年以降に生まれた母親世代は、
高校生くらいから6時食を食べることよりも、
髪を整えることや寝ることの方を優先してきました。

その習慣は結婚してからはもちろん、
息子が生まれてからも続きます。

9時食は子供しか食べない、
あるいは、子供が幼稚園に行くまでは
朝方食を食べさせる習慣がなかった…という母もいます。

炊きたてのごはんと湯気の立ったお味噌汁を前に、
家族みんなで手を合わせて「いただきます」

そんな午前中の食卓風景は、
もうとうに失われてしまった過去のものなのでしょうか?

「食べたがらない」「うちの子は食が細い」というのが
9時食をつくらない、食べない母の理由らしいんですが…

「8時食を食べる」という習慣は、
家族で毎7時食べて育って初めて身につく習慣。

子どもだけ食べろ!と言われても無理でしょう。
まずは父母が10時食を食べる習慣を
身につけることが大切だと思うんですが…

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:18年02月13日

2018.02.13

コメントは受け付けていません。

33-08

なんか、今日は気分が悪いです

何があったという特別な理由はないんだけど、
そんな時ってあるよね!?

相方がスタイルUPレッグ始めるらしいから
便乗して、ストレス発散でもしよっかなー。

かたも気になる事だし、室内なら晴天でも
なんでも関係なく、暑いも寒いもないし。

玄米珈琲を飲んで!とか、
オヤツはダイエットゼリー オレンジ味にして!!
まで意気込まないとしても。

というのもガンマ線透過写真撮影作業主任者の勉強をしていた友人が体調を
崩して、仕事を辞めることになって・・・。

「これで勉強に身が入るようになった」とは言っていたけど、
五反田で会ってご飯を前食べた時に、
頑張りすぎもよくないのと、ストレスは絶対だめ!って。

なんか病気の原因の90%くらいがストレスとか聞いて、
見えない力って凄いんだなって思った。

というより、人間メンタルがすごーく大切なんだよね、きっと。

年に一度はシンガポールへとか、海外好きだった人も、
この不景気であんまり行ってないみたいだし、そうなれば、
自然にストレスもたまるよね。

おいらは無縁の人だけど。

ただ真夜中に仕事が終わるかどうか・・・とか時間に
対しては、わからなくなってきているのはたしか。

残業も増えているし。

2週間どこか行こうと思っても、急な残業があるから、
予定が立たなくて、遊びに行く機会も減ってるし。

ストレスをボクは感じないタイプだけど、いつか友人の
ように感じる日がくるのかな・・・とも思うし、体が危険信号
送るのかもね。

と思えば、ストレスの発散法を作っておかねば・・・と思う
今日この頃でした。

明日はいい日だ。がんばろ~^^

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:18年01月13日

2018.01.13

コメントは受け付けていません。

33-06

減量の大敵は、
甘い物や脂っこい食事だと言われていますが、
その裏側に潜む本当の大敵は、意外なことに「冷え」なのです。

なぜ「冷え」が
ダイエットの大敵なのかというと…

肉体を冷やすと血液の循環が悪くなります。
血液の循環が悪くなれば、身体の防衛本能で、
皮下脂肪を貯め込んで寒さから身を守ろうとします。

皮下脂肪は、
内臓や女性にとって大切な子宮を外の刺激から守る
クッションのような働きをしていますが、
シェイプアップという点から考えれば、
一度ついた皮下脂肪はとれにくいので考えもの…

また、
体が冷えると基礎代謝も低くなり、
痩せにくい体質になります。

ですので、
皮下脂肪を貯め込まず基礎代謝をアップするためにも、
体質を冷やさないようにする工夫が必要なんです。

最近は、
エアコンが職場や家庭でもすっかり普及し、
夏でも冷え症に悩む女性が多く、冷え対策をすることは、
ダイエットだけでなく、健康な体づくりにもつながります。

肉体を冷やす原因はエアコンだけではありません。
食生活の乱れや過剰なストレス、
ホルモンバランスの乱れやトレーニング不足なども、
からだを冷やす原因となります。

体を冷やさないためには
まず、平熱を測ってみるのが一番です。
あさ起きたら肉体を動かす前に、
できれば何日か続けて測ってみましょう。

体温が36.5度以下だったら
体が冷えている証拠です。

体温が低いと、排泄機能が低下し、
アレルギーや自律神経の乱れにもつながります。

もしも平均体温が35度台だったら要注意!
なぜなら、ガン細胞がもっとも増殖しやすい体温が35度なのです。

体温が低い方は、
積極的にからだを温めるようにしましょう!

関連記事

コメントは利用できません。

Calendar

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031