「時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネス」は、コンテンツSEOやマーケティングオートメーションなどの情報サイトです。

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:18年05月14日

2018.05.14

コメントは受け付けていません。

33-07

「減量中は間食を控えるべき」
というのは、読者様ご存知だとは思いますが…

ついつい間食してしまうという人は、
ご飯を食べてから数時間でお腹がすいてしまい、
手軽にウエストを満足させるために、
おやつなどを食べることが多いですよね。

食後数時間で体質の脂肪がエネルギーとして使われ始めますが、
砂糖を多く含む食品を食べることで、
インスリンが分泌されてからだの脂肪燃焼がストップしてしまいます。

つまり、
しょっちゅう間食をしている人は、
体脂肪が燃焼する暇を与えないので、
体脂肪が燃焼しにくい体質になっていくわけです。

また、ウエストがすいている時に食べるので、
ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーになります。

砂糖を多く含むおかしなどを食べれば血糖値は急上昇し、
インスリンが多量に分泌されます。

同じ糖質でも、
ライスなどに含まれるでんぷんより、
砂糖のほうが消化吸収が早いので、
ご飯よりもスナック菓子のほうが急激に血糖値が上昇します。

砂糖を多く含んだおかしなどを食べることで
急激に上昇した血糖値は、インスリンの分泌によって急激に下がります。
血糖値が急激に下がれば、すぐに空腹を感じます。

砂糖を多く含む食品は、一時的にはお腹が満足しますが、
意外と早く空腹を感じる(腹持ちが悪い)ので、
以降の食べる事を減らすことが難しくなり、
結果として、カロリーオーバーしやすい食生活になってしまうのです。

こうして食生活が極端に糖質を多く含む食品に偏ると、
インスリンの過剰分泌によって血糖値が下がるのも急になりますので、
肉体の脂肪がエネルギーとして使われる間もなく…

「激しくお腹が減る→間食する」
という悪循環に陥ってしまいます。

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:18年04月14日

2018.04.14

コメントは受け付けていません。

33-03

昭和三十八年に我が家にテレビがやってきた。
その時、おれは小学一年生だった。

まだ番組がない時は
画面に大きな円形のマークが入っていた。
勿論、白黒である。

わずかな子供番組がある時は、
外で遊んでいてもダッシュで走って帰っていた。

母親は農家の仕事でいつも外に出ていたので、
ボクの記憶の中では、
いつも祖母と二人でテレビを見ていた。

特に、長い休みの間は
わたしは祖母と二人で時間を共有して、
テレビの前にいることが多かった。

小学二年生の夏休みの事…

ふと気がつくと、祖母が
番組の歌や配役の名前などの、
ひらがなやカタカナを、声に出して読んでいるのがわかった。

それも、すらすらとは読めない。
特にカタカナはとてもぎこちなかった。

漢字もとても簡単で、
小学二年生のミーが知っている漢字の読み方を、
時々俺に聞いては、声に出していた。
文字がわからなくなるとあたしに聞いた。

ある日、ミーはしつこく聞かれ、教えてあげたが、
その時、心の中で「何で、オレに聞くの?」と思った。

そして、その時、
多分うっとおしいような顔をしていたのだと思う。

祖母は、あたしに気の毒そうに小さな声でつぶやくように、
「ぼくは、子守り奉公に行ってたからなあ~」と言った。

祖母が家の事情で、ほとんど小学校にも行けず、
子守り奉公に行っていた事を母親が話してくれた。

おいらはまだお子さんだったが、
小学校へ行くことが当り前だと思っていたのに、
そうではなかったことに衝撃を感じたことを今でも覚えている。

わたしはその時八歳で、祖母は七十七歳だったので、
祖母の子供時代は遥かに遠い昔のように思えたが、
小学校へ行ける自分が、
とても幸せだと感じたことも忘れることができない。

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:18年03月14日

2018.03.14

コメントは受け付けていません。

33-09

母が外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
母が外国語を喋れないとやり出すものに、
お子様への外国語教育がある。

母親が外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
子供の頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れない母親はこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かなお母さんたちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我が子供に外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
その娘の脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそも子供というのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

ママの意思によって
子供は外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

ママが外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我がお子様に勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
お子さんに外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。

時代の一歩先を歩くベンチャーネットのビジネスブログ:18年02月14日

2018.02.14

コメントは受け付けていません。

33-09

若い人だけでなく高齢者も、
手軽に取り組みやすい有酸素運動。

有酸素運動はシェイプアップに効果があると言われていますが、
心臓や肺などの循環器の機能維持や強化には効果があっても、
筋肉をつけたり、筋力低下の予防に対してはあまり効果がありません。
 
筋肉や筋力に対して効果があるのは、
「レジスタンストレーニング」と言われるトレーニングです。

レジスタンス体操と言われると何のことかわかりませんが、
簡単に言うとダンベル体操やストレッチ、腹筋、腕立て伏せなど、
筋肉に負荷をかける体操のことです。

これらの体操は、
有酸素体操のように酸素を取り込みながら
時間をかけて行うのではなく、
酸素を使わずに、一時的にエネルギーを作り出して体を動かすので、
無酸素体操とも言われます。

レジスタンストレーニングの主な目的は、
筋肉をつけて基礎代謝量を上げることにあります。

肉体を支える骨や筋肉は、
10代でピークを迎えた後は少しずつ衰えていくものです。

衰えや老化は誰にでも平等に訪れるものですが、
努力すればそのスピードを遅らせることは十分に可能です。
そして、そのために必要なのがレジスタンス運動なんです。

レジスタンス運動は、
筋肉を刺激したり増やすためのトレーニングです。
脂肪は筋肉で燃焼されるので、
筋肉を増やせば燃焼する脂肪の量も増やすことができます。
もちろん、筋肉の量が増えれば基礎代謝も上がり、
有酸素トレーニングをした時の消費エネルギー量も上がります。

このような効果により、
レジスタンス運動をした高齢者の方が
有酸素体操を行った場合は、
より安全により高い効果を得ることができるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

Calendar

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031